レイモン・ペイ (Raymond PEYNET) ネーペイネ の恋人たち-フランス
 
レイモン ペイネ
(Raymond PEYNET)
 
espanol korean
 

 

 

 

 

 

 

レイモンペイネは、1908年、11月16日、パリに生まれました。

 
彼が15才の時、レイモンペイネは、数年前オーヴェルニュ地方からからパリに出てきた彼の両親がやっているビストロの目の前にある産業装飾美術学校に入学しました。
 
レイモンペイネが、パリにある広告代理店、トルマー社でイラストレーターとしての仕事を、会社の掃除、香水やチョコレートの箱のラベルの描きからさまざまな広告の立案まで、多様な仕事をすることによって、学び始めました。それは彼が働き始めてからのことです。
 
1930年に、レイモンペイネはドゥニーズダムールと結婚しました。
 
より多くのお金を儲けるために、レイモンペイネは、当時とても影響力のあったパリの新聞に 彼の図面デッサンを発表します。:ル リール リール ア ドゥー、パリ マガジン、ザ ブールヴァルディエ(パリ在住の英国人向けの新聞))…1942年、この年を境にレイモンペイネの人生が変わろうとしていました!

機密の手紙を取引先に届けなくてはならないため、フランスのドローム県にある、バランスで、レイモンペイネは野外音楽堂(1982年より歴史記念碑として分類されている)の前のベンチに座っりながら、約束の場所にいました。レイモンペイネが、バランスの野外音楽堂の前で一人で演奏をしている長い髪の小さなバイオリン奏者と彼の演奏を聞いている女の子を考案したのは、そこでした。
 
数年後に、バイオリン奏者は詩人に変わります…そして、女の子は彼の愛する人となります。
 
ペイネの”恋人たち”は、こうして誕生しました...ペイネの”恋人たち”は、世界中を旅しました…磁器、スカーフ、人形、本、メダル、像(日本の広島にあるもののような)の上に。…愛を象徴するすべての物の上に!
 
ブラッサンスは、レイモンペイネの”恋人たち”なしに「公衆ベンチ(の恋人たち)」を書くことは決してなかったでしょう。シャルルアズナヴールもまた、M・アモンによって歌われている「紙の恋人たち」をペイネの”恋人たち”のために書きました。
 

現在、4つの博物館がペイネの”恋人たち”に捧げられてます:アンティーブ、ブラサック・レ・ミンヌ(ペイネの母の生まれ故郷の町)、軽井沢(長野-日本)と作東町(岡山-日本)。
 
レイモンペイネは、彼が90才の時、1999年の1月14日この世を去ります…彼の「セイントバレンタイン」の日のちょうど1か月前に!

 


オンライン ペイネブティックのオフィシャルウェブサイトはこちら